うさぎさんがやってきた!〜気の強いお嫁さん


べるがやってきたのは、些細な理由だった。

やはり生後1ヶ月半ほどで、まだ手の平に乗れるほど小さかった。
体全体がグレーの小さなうさぎさんだった。

ショップで、2人でゲージにいたのだが
もう1匹よりも少々大き目に育っていた彼女がなんとなく
『売れ残ってしまいそう』だな、と思ったから。

ショップにいた時は、かなりイイコだった・・・。
うちにきたら、違った。
車での移動の30分程度で彼女に何が起きたのか・・・?

ひどく、活発なお嬢さんだった。

部屋中を飛び回り、倍はあろうかと言う
る〜ちゃんに乗っかり(マウンティング)、
大騒ぎだった。

ベルが、お嬢さんになる頃、る〜ちゃんの子供を産んだ。
初産は失敗する事が多いと言われるが・・・そのまま現実になってしまった。

それからである。べるが「べるぶ〜」を、呼ばれるようになったのは。
お産をして『野生』が目覚めたのかどうかは知らない。

気性の激しい、肝っ魂か〜ちゃんになってしまった。

頭を撫でてやろうものなら、
「ぶぶぅっ!」
と、鼻を鳴らして必殺「うさパンチ」を繰り出してくるのである。

それから、べるぶ〜はぽんぷくんとの間にも子供を儲ける。
6匹。全てべるぶ〜色のぽんぷくん。

2匹は、ごく近い友人、知り合いの家に行った。
残りの4匹は、知っているショップでお願いした。

しかし。こどもを引き離した事が彼女の命を奪うとは、考えてもみなかった。

子供がいなくなった翌日から、
彼女は食事もままならななくなってしまった。
様子を見て、病院に連れていった時には、
彼女の命は、ギリギリまで来てしまっていた。

病院に連れていったその日は、帰って来ると
おおはしゃぎだったので安心していたのだが・・・。

翌日の深夜、彼女は夜空に消えていった。

謝っても、謝りきれないけど、べる。
無理してでも、1匹くらい、おまえのもとに残してあげれば良かったね。

ごめんね。